出産祝いに喜ばれる品

超人気! 
生まれた時と同じ身長と体重で作るハンドメイドのオーダー テディベア
生まれた時の重さを手作りで再現する感動ギフト体重ベアオリジナル足裏刺繍つき人気製品出産祝


【今治タオル 出産祝い 送料無料】名前入り【名入れ 刺繍無料】今治タオル フード付きタオル タ...


■「赤ちゃんの筆 胎毛筆 輪島塗 」
赤ちゃん誕生の感動!格調高き伝統の技から生まれた逸品



■赤ちゃん手型・足型
お手頃タイルの赤ちゃん手形・足型♪カラーいろいろ!02P28Mar12 ■天使の思い出 ◆赤ちゃん...




■誕生石、刻印入りベビーリング


■ピーターラビットはじめまして、赤ちゃんブック
好きな写真を選び、世界で一冊のオリジナル絵本がつくれます。


思い出を可愛く残す1冊 ■ディズニーベビーアルバム誕生用


■名入れでオリジナルフォトアルバムに!童人形


■アンパンマンバスミトンギフトセット



■ホテルニューオータニ 紅茶・ジャムセット


■シャディ 百笑い有機緑茶詰合せ


■ハロッズ レストタオルセット


■スヌーピーフェイスタオル


■ロマンスヘリンボンカシミヤ毛布


お返しの商品

お返しの品はどんなもの・・

人気が高い品物として実用品ではタオル・洗剤などです。
先様の好みを知っている親しい間柄なら、喜ばれそうな品を組み合わせるのもいいでしょうね。
以前はタオルや石鹸、洗剤、食品などの日用品等が主流でしたが、最近はインテリアグッズからバッグ・時計までと幅広い商品が送られるようになっています。
また先様がご自身で選ぶことができるギフトカードの形式も増えているようです。
型どおりではなく、やはり相手に喜んでいただけるギフト選びが一番ですね。

出産の内祝いとは

出産内祝いとは、赤ちゃん誕生のお披露目を兼ねたお祝いで、もともと身内に赤ちゃんが生まれたことを親戚や親しい人達でお祝いするというものです。
通常はお宮参りの頃(生後1カ月くらい)に出産内祝いをするのが一般的になっているようです。

出産内祝いを贈る時期

お宮参りの頃(生後1カ月)までに出産内祝いをするのが一般的なようです。
しかし、母親の体調が回復していない場合や、生後1カ月ぐらいの乳児のころはたいへん神経を使う時期ですので、無理をしてお宮参りに合わせる必要はないといえます。
「お祝い事は先に延ばしてもいい」と昔からのしきたりでもいわれていますので、赤ちゃんやお母さんの体調が落ち着いてからでもまったく問題ありません。
健康に育ってほしいとお祝いするのが目的ですからね・・

贈答品の相場

よく言われているのが、「半返し」というお返しの金額相場です。
出産のお祝いに頂いた物品やお金の約半額相当のものをお返しするのが広く一般的とされているようです。

しかし、本当にこれはあくまでも世間の目安とするもので、出産内祝いは赤ちゃんの大切な「お披露目」ということですから、金額にこだわらず、お披露目にふさわしいような心のこもったものであれば、気にしなくても良いのです。

大切なのは感謝の気持ちで、お金ではないということです。
半分の金額を返すのが「慣例」とか「礼儀」だとか言われるのは、実際はお返しを考えるのがわずらわしいときや、時間が取れないときに業者の方に頼まれたりする時はこのようにしていることが多いということです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。